美容整形で変身|ナチュラルに変わって気づかせない

Health and Beauty

効果時間と施術時間

筋肉を弛緩させるボトックス注射

エラが張っていると、それだけで輪郭が角ばって見えるようになります。また、エラが飛び出ている分、顔も大きく見えてしまいます。逆に言えば、この状態を改善すれば、シャープな小顔になることができるわけです。 昨今ではそのための治療が、筋肉を弛緩させるボトックス注射でおこなわれることが増えてきています。エラの部分は、歯を食いしばると、特に目立つようになります。これは、食いしばることで筋肉が盛り上がるからです。エラが張っている人は、普段からこの筋肉が盛り上がっている場合が多いです。そのため筋肉を弛緩させるボトックス注射による治療が有効なのです。 以前はエラ削りといって、骨を削る整形手術がおこなわれていました。しかし整形手術だと体の負担や費用の負担が多いことから、昨今では負担の少ないボトックス注射による治療が主流となっているのです。

施術している場所と効果の持続期間

骨を削る整形手術は、多くの場合入院が必要になります。そのため入院設備のある美容外科や、提携している別の医療機関でおこなわれています。 しかしボトックス注射なら、整形手術と異なり入院する必要はありませんし、1回の施術にかかる時間は、わずか10分程度です。そのため比較的小規模の美容外科でも、受けることができます。 また、整形の一種ではありますが注射ですから、外科ではなく皮膚科でもおこなってもらえます。特に美容皮膚科では、施術後のフェイスラインの美しさをシミュレーションしながら、高い美容効果が出るように注射をしてもらえます。 ボトックス注射の効果は半年ほどで切れるので、その後はエラは再び目立つようになります。しかし定期的に5〜6回ほど注射することで、筋肉が弛緩した状態で安定し、効果が半永久的に続くようになります。